All posts by 安田念珠店

身近なことから

先が見えない情勢になってきました。家に居るのは別に苦ではない性分ですが、気候は本当に良い季節です。
散歩程度の外出はしています。近くへ行くと本当に綺麗な桜が咲いていました。
28221
新型コロナウイルスさえなければ本当に最高の季節ですね。
もう全員が感染者だと思って行動するしかない状況です。命が一番大切です。皆さんが何とか命を守り、心の底から桜が綺麗と思える来年を迎えられるようお互いに身近なことから予防していきましょう!

集中するということ

危機意識が世間的に高まってきました。自宅で過ごすことがもっと多くなりそうです。
家に居て「集中」して物事に取り組める好機ではあります。しかしながら、この「集中」というのはなかなか難しいものです。私などはかなり気が散るタイプでなかなか集中を持続するのは難しい性分です。
27949
人の集中力はせいぜい40分くらいが限度と言われます。昔の人は線香の燃焼時間で時間を計っていた場合が多くありました。現在でも坐禅をする際に線香1本が燃え尽きるまでの時間「一炷(いっしゅ)」を目安として坐禅が為されます。
道を究めた高僧の方のお話を伺うと「線香の灰が落ちる音が聞こえた」と仰る方も居られました。どんな音がするのでしょうか?私には到底想像もつかない境地だと思い、驚く以上に尊敬の念を持ったのを覚えております。それからは「集中」という言葉はあまり使わないようにしています。究極の集中状態を体験したことがない私が「集中」などと言っても低レベルなものに過ぎないと思うからです。
まぁ、ここまでの集中状態に達することができる方は数えることができるほどだと思います。ただ、他者ができることが自己にできないわけがない、という考えもあります。極限状態とはいかなくとも、落ち着いた気持ちで物事に取り組まれ、良き成果が出ることを祈っております。
平生を取り戻すべく、一刻も早い疫禍収束を願います。

今が大事

新型ウイルスが世界を席巻する毎日です。今週は特に世界が動きました。動きが取れない中で何をすれば良いのでしょうか?
自宅でできること、旅先でできることが違うように、平常時にできること、そして非常時にできることは実は違います。具体的に何をすれば良いのかは結構難しいのですが、各人が心と体を落ち着かせて何かに取り組むことができる絶好の機会だと思います。
【建仁寺派管長 小堀泰巌老大師様揮毫の「即今只今」】
image1
「即今只今(そっこんただいま)」という言葉があります。「今、この瞬間を一生懸命に生きましょう!」という意味の言葉です。簡単そうでかなり難しい言葉です。人間は過去や未来のことをあれこれと考えてしまいます。予定を立てて行動することは大切ですし、過去を振り返って反省することも大切です。ただ生きているのは「現在、この瞬間」だけなのです。これは分かっているようで分かっていないことです。「まぁ明日があるか。」と思ってしまってダラダラと過ごしてしまうことが私にはよくあります。こういう怠け癖のある私には「即今只今」との言葉は身に沁みます。
先日旅立たれた円覚寺の栽松軒 足立大進老大師様にも『即今只今』という題のご著書があります。「今、今日一日が足りれば幸せ」であるという教えが随所に鏤(ちりば)められています。人はあれもこれも求め過ぎるんですね。外部世界と少し隔絶した状態で「今、この一瞬」を見つめ直すことは人生の中で大切なことだと思います。しかし、そうした時間はあまり多くはとれません。これを好機と捉えるのが得策のように私は考えます。
「いつやるの?今でしょ!」という言葉が少し前に流行りました。あの言葉は実は禅の教えにも通じる深い言葉だったのだなぁ、と感じます。今しか出来ないことを見付けて一生懸命に取り組まれることを願っています。

144213


即今只今

著者:足立大進 
出版社:海竜社
発売日: 2009/08/01
メディア: 単行本(ハードカバー)
参考URL:http://www.kairyusha.co.jp/ISBN/ISBN978-4-7593-1080-1.html
(海竜社)

 

「見えないもの」を感じる

前回、「見えないもの」のお話をしたので、その繋がりで気になっていたことについて今回は書きたいと思います。
「見えないもの」のもっとも身近なものは何でしょうか?私は”風”だと思います。風は気持ちがいい「そよ風」などもありますが、人々を困らせる「強風」、「台風」もあります。「風を感じる」などと聞くこともありますが、私は”風”と言うのが何なのかあまりよくわからないでいます。
11590111909264
昔の話ですが、学生の頃に一人で夜中に山寺で座禅をしたことがありました。合宿に行って、いろいろな修錬を積んだ中での経験です。それまでは至る所で落ち着きの無い動きをしていましたが、その夜座は清々しい気持ちを私に与えてくれました。
鳥も啼かない夜でした。月の明かり以外は何もありませんでした。お堂の周りは月明かりで明るいですが、それ以外は真っ暗なので、当初はその暗闇から何かが襲ってくるのではないか、と思って夜座をすることをためらっていました。合宿3日目の夜に夜坐へ向かい、時間は分かりませんがしばらく座っていました。
その時に初めて”風”を感じました。疲れていて思考能力が低下していたこともあったかと思いますが、何も考えず、眠りの一歩手前の状態でした。ただ体に受ける”風”しか感じませんでした。
当然と言えば当然の話なのですが、いつもは風向きや強さ等あまり気にせずにいる”風”の繊細な強弱や流れの変化を肌で知り、なんだか凄いことを知ったような感覚でした。今でも”風”というものを感じようとしますが、「あれをしなきゃ!」とか「こうしてないと叱られる!」とか様々なことを考えてしまい、”風”を感じる気持ちが失われています。
「見えないもの」を感じる・知るのはやはり”心”・”気持ち”なのだと思います。株価の急落と言うのは人々の不安という気持ちが表れたもののように思います。人は世事に引っ張られてしまうのだ、それに惑わされない強い気持ちを持つことが必要だが、それが難しい、ということを強く感じた1週間でした。

「見えないもの」を知る

世事騒々しい1週間でした。人類はウイルスという「見えないもの」と闘っております。
今週の月曜日(3月2日)に円覚寺派前管長の栽松軒 足立大進老師様の遷化の報に接しました。世間がウイルスで騒がしい閏日に示寂されたとのことです。お弟子様で円覚寺派現管長の青松軒 横田南嶺老師様のブログ(その1その2その3)を拝見しておりますと、このウイルス騒動の影響で様々なご予定が中止となり、幸いにも栽松軒老師様の最期、そして通夜の後の一夜をご一緒なさることができたそうです。「終わり良ければ総て良し」ではないですが、人の最期はやはりその方のお人柄や人生を現すものだと思います。日本中を飛び回っておられるお弟子様思いの最期の迎え方だったなぁ、と私は感じました。
私は栽松軒老師様にお目に掛かった経験はありませんが、出版されているご著書はすべて拝誦しておりましたので、ご高著を通じて教えを賜っておりました。遷化の報を受けた後、弊社の中で話をしておりましたところ、弊社社員の中には嘗てお目に掛かった経験がある者やお修理をお預かりした者も居りました。私の知らないところで御縁があったのだなぁ、と思いました。
さて、栽松軒老師様の教えで特徴的な教え、というか私が一番最初に思い浮かぶのは次の詩です。
【円覚寺発行の朱印帳の最初のページに印刷されたものです】
61AKyJGcjcL._SL1200_
世の中には「見えるもの」と「見えないもの」があります。「見えるもの」は目で見ることができますから問題ありませんが、「見えないもの」は存在を確認しなければなりません。電波や放射能、そして今話題のウイルスも機器を通じて存在を確認できます。問題なのは”心”です。
”心”というのは存在することは分かっていますが、物理的に存在を確認することはできません。嫉妬心、猜疑心、虚栄心といった心はできるだけ小さくしたいものですが、昨今のトイレットペーパー不足の報道を見ると、人がこうした”心”を小さくすることがどれだけ難しいことなのかを思い知らされます。
しかし、そうした”心”もいつもそういう状態ではなく、「花や月が美しい」と感じる”心”となることが可能なのです。仏教では「絶えず心に観音様を描き、祈り続け、智慧と慈悲の心で生活しましょう。そうすれば観音様の大いなるお慈悲を知ることができます。」と説かれます。「絶えず」というのはなかなか難しいのですが、「花や月が美しい」と一瞬でも思える”心”を自分は持っているのだと自信を持つことが大事なのではないか、と私はこの詩を見ていつも思います。
室号の通り、栽松軒老師さまは松を栽(う)えられ、その松は青々として寿色が多いように私は眺めております。ご冥福をお祈り申し上げます。

お伊勢さんへ

世間はコロナ騒動で大変なことになっております。皆様は御平安でしょうか?こういった事態が到来すると先人たちが神仏に祈った意味が何となく分かる気がします。多くの寺社やお祭りが疫病退散の為に設立されたことはこうした状況と同じなのだと感じ入る今日この頃です。
先日私は伊勢神宮へお詣りへ行ってきました。お伊勢さんへの初詣の積りで予定していたのですが、意図せずこうした状況になりましたので、疫病退散をお願いしてきました。
26329
【五十鈴川】
26318
【内宮】
26317
【さざれ石】
26320
太陽が照っていて気持ちの良い日でした。寒かったですが、風も心地よかったです。
26319
そして、「みちひらきの神様」の猿田彦神社にもお詣りしました。
26315 26314
【ご神田】
26316
お寺にお参りすることはよくありますが、神社にお詣りすることはそれほど多くありません。神社、特に伊勢神宮は遷宮といって定期的に神殿を建て替えます。そのため、文化遺産や文化財となることは無いのです。
しかし、こうした事情を考えると、かつて伊勢神宮を造営した人々は定期的な建て替えで経済状況を好転させようと意図したと考えられます。どういった状況になっても必ず決められた年が来れば建て替えが行われるということが素晴らしく経済を回していたのだと感じます。天皇が政治を担っていた時代だったからこそ、そうした考えが浮かんだのだと想像します。現在の状況を見ると、先人は上手く経済を回すように神と政治を連動させていたのだなぁ、と感心しました。
何とか神様にコロナの蔓延を防いでいただければありがたいと衷心よりお願いをしたお詣りでした。

三寅参り

節分の更新をしてから2週ほどお休みしてしまいました。申し訳ございません。
実は現在、これから勝負をしようとする人のお世話をしていまして、何か力になれることはないだろうか!?と思いました。勿論、私がやるべきことはやっているつもりですが、勝負事には少し運が必要だと思いまして、「勝運」を付けに三寅参りに信貴山へ行きました。
2月は寅の月(十二支と1年が12か月ということで、毎年変わりません)で、その中でも寅の日が今年は2月5日(水)と2月17日(月)と2月29日(土)です。その日の寅の刻(午前3時~午前5時)にお参りすると寅が「月・日・刻」と3つ揃うために「三寅の福」が来ると言われます。
というわけで、2月17日(月)に三寅参りに行きました。本来は前日から参籠すべきなのですが、2月16日(日)は私が東京で用事があったために参籠はできず、帰宅後即座に車に乗って信貴山に向かいました。
25912 25913
午前3時から護摩供が始まり、護摩供の後は本堂で大般若祈祷、そして山の上に建つ空鉢護法堂へお参りして、朝食を頂いて午前6時ごろに解散、という流れでした。
25921
空鉢護法堂には本堂前の手水舎からお供えするお水を持って登ります。
25915
山道を20分ほど登りました。午前5時前ですからかなり寒いのですが、水が結構重たく感じ、汗をかいてしまいました。
25917
【空鉢護法堂】
25919
【お供えしたお水】
25916
【空鉢護法堂から奈良の街と月を臨む】
25918
山を登るとき、「ざ~んげ、ざんげ(懺悔、懺悔)」と引手の人が唱えると、他の皆で「ろっこんしょうじょう(六根清浄)」と唱えることを繰り返します。途中から多くの人が疲れてしまい、唱える声も小さくなってきましたが、皆さんで協力して空鉢護法堂まで途切れることなくお唱え続けました。
記念に頂いた七福神の色紙は京都駅の店舗に飾らせていただきました!
26199
このところ信貴山へ幾度となくお参りしています。ある方に「いろんなお寺さんへ行くよりも、同じお寺さんへ何度もお参りしなさい。何度もお参りしたら仏様もあなたを覚えてくださるから、お願いをかなえて下さるかもしれないよ。仏様と馴染みになることが大切です。」と言われました。仏様も人と同じで、何度もお参りする(お目に掛かる)と何となく覚えて下さるのかもしれません。いろいろなお寺様をお参りするのも大切ですが、同じお寺様を幾度となくお参りすることで何か見えてくるものがあるのかもしれません。
私がお世話している方々も、勝ち運が付いて善き縁に恵まれることを祈っております。

節分にお参りすること

本ブログにいろいろ書いていると、「神仏のことに詳しいのね?」などと声を掛けて下さることがよくあります。詳しくはありませんので、趣味の範疇を越えません。私の書いていることは体験したこと以外は伝承などの確たる証拠のないものが殆どです。体験したことは確実に残そうとして、お寺にお参りに行った際にどういう順序でどういったお経を読誦するのかを書いております。これに関しては、一部の方から大変参考になると有難がられております。今回は伝承の類の話ですが、節分について書いてみたいと思います。
本日は2月3日です。「節分」という言葉はコンビニなどでも沢山踊っています。しかしながら、この節分という日にはどういう意味があるのでしょうか?簡潔に言えば立春(2月4日)の前日です。ちなみに、来年2021年は立春が2月3日なので節分は2月2日です。
昔の暦だと立春から1年が始まりますので、節分は大晦日に近い位置づけだったようです。ですので皆様が1月に新年会を催された場合は、それは昔の暦だと「忘年会」になってしまうのですね。なかなか面白いように思います。
節分に多くの寺社で「星まつり」が行われています。一部のお寺などでは冬至に星まつりが行われます。「星まつり」は天と地が最も近いと考えられた日に天に居る神仏へ祈りを届けるために行われた祭典が始まりのようです。それが年の変わり目である節分に行われるようになったそうです。
小難しい話はここまでにして、節分にはどういうことをすれば良いのでしょうか?よく言われるのは、氏神様にお参りしましょう、ということです。誕生日には産土神社(うぶずなじんじゃ;初宮参りをした神社と考えて頂いて結構です。)にお参りしましょうと言われますが、これと同じく節分には氏神様にお参りするのが大事だと言われます。どなたでも今住んでいる家の下には必ず土がある筈です。その土には様々な気(パワー)があり、それを司っているのが氏神様なのです。
いろいろなパワースポット巡りも良いのですが、今の住まいを護って下さっている氏神様と御自身の生まれた土地の産土神様へ感謝するのは、現在元気に生きている以上当然と言えば当然なのかもしれません。
私の場合は産土神社も氏神様も八坂神社となります。というわけでお参りに行ってきました。
EPvcrHiUEAAPqGY
神様や仏様に感謝するのは、結局はそれほど高尚なことではなくて、自分自身のルーツを見つめ直す良い機会なのだと思います。いろいろなことが毎日ありますが、気が滅入らないように魔滅(まめ)を沢山撒いて一年を魔がなくお過ごしください。

寅の日に毘沙門天様へお参り

この数年、年末になるとお寺様から頂戴する暦(こよみ)をいろいろと読んで、日の十干十二支を意識するようになりました。そんなことを意識しても何にもならないのですが、今年に入ってから日の干支をかなり意識しています。
大黒天さまの御縁日は甲子の日、毘沙門天さまの御縁日は寅の日です。大黒天さまの御縁日についてはこれまでに本ブログで取り上げたことがあります。さて、本年に入ってからの寅の日は1月12日(日)と本日1月24日(金)でした。私はこの2日、信貴山朝護孫子寺へお参りに行きました。
24298
一年の最初の寅の日を「初寅」、二回目の寅の日を「二の寅」と言います。「初寅」の大法要は寅の刻、つまり午前4時から、本日の「二の寅」の大法要は午前5時30分から厳修されました。共に前の日の夕方から用事が入っていたので、両日とも早起きして車に乗って大法要に赴きました。
24297 24296
大法要は朝護孫子寺の三塔頭の貫主様がお揃いになって執り行われます。般若心経一巻に続いて理趣経、そして毘沙門天王和讃、各御真言、そして般若心経という流れで行われます。
24292
一般の参拝の方はかなり少なく、本堂の外陣でお参りさせていただきました。朝の早い時間にお参りする経験は個人的に最近多いのですが、何だか神様や仏様と昼間より近いというか、遮るものなく祈りを聴いて下さっているように感じます。
24452 24455
本日は霧が濃かったですが、山の上から霧を見ると雲海のようでした。
24447
私はたまにしかお参りに行きませんが、僧侶の方々は寅の刻に毎日毘沙門天様にお勤めをされているのだと思うと本当に頭が下がります。毘沙門天様のお功徳を受けるためには5つのことをしなければなりません。その第一は父母の孝養です。我々の誰しも30世代遡ればのべ1億人のご先祖さまがいます。その全てを孝養することはできない。だから身近な両親を大切にしましょう、というのが毘沙門天様の教えと私は感じています。
親への感謝を大事にせねばならないと感じたお参りでした。

「夢」とは儚いもので

寒い季節です。こう寒いと体調を崩してしまう方が多いようにも思います。
僧侶の方とお付き合いすることは多いのですが、その殆どは安田念珠店を通じてお知り合いになる方です。しかしながら、そうではない方も居られます。私が大学生の頃に所属していたサークルの先輩に、大学卒業後に発心して出家し禅僧となられた方が居られます。秋の合宿の際にご指導くださったことはよく覚えています。その時は「無言のご指導」でした。
数年前に「余命三か月と言われたよ。」と笑いながら告白され、私は驚愕の思いをしたことを覚えています。それからはお電話などでお話する機会もいただき「有言のご指導」を頂きました。その和尚様が先日旅立たれました。
最期の詳細については、円覚寺派管長の横田南嶺老大師様が書かれておられますのでそちら(その1その2)にお譲りします。
昨年末、新年早々法話会をなさるご案内を頂戴していました。予定が詰まっていましたが、「行っても良いかな」と思ったものの、怠惰な私は結局伺いませんでした。後悔の念をこれだけ持ったのは久方ぶりのことです。
葬儀に伺い、最後のお別れをしました。確かに悲しかったのですが、悲しみとは何か違う「儚さ」というか「名残惜しさ」というか、そういった感情を覚えました。
勿論私も今日命を終える可能性を持っているのです。だから、一日一日、一瞬一瞬を大切に一生懸命生きねばならないのだと痛感しました。
個人的な感想で恐縮ですが、今回は追悼の記事としたいと思います。