数珠の選び方 ‐ 天和3年(1683年)創業の安田念珠店

安田念珠店 オフィシャルサイト

イメージ

  1. 数珠の安田念珠店オフィシャルサイト TOP
  2. 念珠の知識・選び方

宗派ごとに相応しい数珠の選び方を、男女別にまとめています。それぞれご自分の宗派の場合をご参照下さい。
女性は地域によって数珠の房色が決まっている場合がございますので、別途『色の決まりについて』もご参照下さい。

天台宗 真言宗 日蓮宗
浄土宗 浄土真宗 臨済宗
曹洞宗 色の決まり ※こちらは在家の方(出家されていない方)を対象に、一般的な例でご案内させていただいております。正確にお知りになりたい場合は、弊社または各宗派寺院にお問い合わせ下さい。

天台宗の方が持つ念珠

天台宗の方は得度を得た方のみ正式念珠をお使いになるケースが多く、一般の方は基本的に略式念珠か宗派共通の二輪数珠「振分」を使います。
(※振分は真言宗の正式念珠に当たり、日蓮宗以外の宗派で共通して使えます。正式の108玉がそろうので片手念珠よりフォーマルな印象でお持ちいただけます。)
片手数珠の房の形にはバリエーションがございますが、お好みでお選びいただけます。最近では二五房(男性の場合は打紐も)が主流になっています。

男性の場合

イメージ

イメージ

女性の場合

イメージ

イメージ

ページトップ

臨済宗の方が持つ念珠

臨済宗の方は、略式の片手数珠か臨済宗の正式念珠である「看経」、または宗派共通の二輪数珠「振分」を使います。一般的には片手数珠を持たれる方がほとんどですが、女性の場合は振分念珠を使われる方も多いです。振分は真言宗の正式念珠にあたり、日蓮宗以外の宗派で共通して使うことができるお数珠で、正式の108玉が揃うので片手念珠よりフォーマルな印象でお持ちいただけます。
片手数珠の房の形にはバリエーションがございますが、お好みでお選びいただけます。
主流派二五房ですが、男性の場合は扱いやすい打紐房も人気です。

正式念珠の「看経」を用いる場合には、金属の輪が入っていないものを選びます。
(金属の輪が入ったタイプは曹洞宗の念珠になりますので、注意が必要です)

男性の場合

イメージ

イメージ

女性の場合

イメージ

イメージ

ページトップ

曹洞宗の方が持つ念珠

曹洞宗の方も臨済宗と同様、略式の片手数珠か曹洞宗の正式念珠である「看経(輪入り)」、または宗派共通の二輪数珠「振分」を使います。一般的には片手数珠がほとんどですが、女性は振分念珠を使われる方も多いです。こちらは厳密には真言宗のお念珠ですが、女性ほとんどの宗派で共通して使用できるうえに、108玉がそろうことで片手念珠よりフォーマルな印象になりますので、凖正式として選ばれる方も多いです。片手数珠を使用する場合、房の形はお好みでお選びいただけます。

曹洞宗の正式である「看経」を使用する場合は、”輪入(わいり)”のものを選びます。曹洞宗の正式数珠は、基本のかたちは臨済宗と全く同じですが、本体部分に金属の輪が入っています。この輪があるかないかで二つの宗派が区別されていますので、注意が必要です。

男性の場合

イメージ

イメージ

女性の場合

イメージ

イメージ

ページトップ

浄土宗の方が持つ念珠

浄土宗専用の正式念珠である「日課念珠」を基本として、略式片手念珠、宗派共通の二輪数珠「振分」もお使い頂けます。日課念珠は男性用・女性用それぞれのサイズのものを使用します。

女性用…八寸浄土(八寸三万繰浄土)
男性用…三万浄土(九寸三万繰浄土)か九寸浄土(九寸六万繰浄土)

男性用の九寸浄土は三万浄土より玉が小さく、玉数が大きくなります。女性用のサイズは、八寸浄土のみになります。

男性の場合

イメージ

イメージ

女性の場合

イメージ

イメージ

ページトップ

浄土真宗の方が持つ念珠

浄土真宗の一般男性は基本的に略式片手念珠を使います。 房は主に紐房(打紐)になったタイプが主流です。 浄土真宗の正式数珠「門徒」もご使用いただけます。

女性は、主に略式の片手数珠か宗派共通の二輪数珠「振分」、または浄土真宗の正式念珠である門徒数珠を使います。 一般的には片手や振分を持たれる方が多いです。(※「振分」は真言宗の正式念珠ですが、日蓮宗以外の宗派で共通して使えます。)

男性の場合

イメージ

イメージ

女性の場合

イメージ

イメージ

ページトップ

真言宗の方が持つ念珠

真言宗の一般在家の方は、宗派正式の「振分念珠」か略式片手念珠を使います。
男性の場合は、一般的には略式片手を使われる方が多いです。
女性は略式片手か振分念珠を使いますが、振分念珠は宗派共通で使える「女性用二輪」のタイプが主流になりつつあります。
※真言宗の正式念珠「振分」は、日蓮宗以外の宗派で共通して使えます。

男性の場合

イメージ

イメージ

女性の場合

イメージ

イメージ

ページトップ

日蓮宗の方が持つ念珠

基本的に、日蓮宗正式の法華念珠をお求め下さい。
一般的には 「二双半法華」 を使われるほうが主ですが、より大きいサイズの 「三双法華」 もご使用頂けます。 房色はお好みでお選び頂けますが、『日蓮正宗』の方は白房に限られます。

女性用の基本サイズは「二双」になります。より大きい「二双半」を男女兼用としてお持ちになる場合もありますが、 特に事情がない場合は二双法華をお薦めいたします。
房色はお好みでお選び頂けますが、『日蓮正宗』の方は白房に限られます。

男性の場合

イメージ

イメージ

女性の場合

イメージ

イメージ

ページトップ

色の決まりについて

女性用については、東海地方や北陸地方(特に名古屋、金沢周辺)ではシーンによってお念珠の使い分けをされます。
葬儀の際には、水晶や白珊瑚など玉色も無色で 房色も白い振分念珠が使われ、色のついた玉や白以外の色房念珠は 法事やお墓参り、お寺参りなどに使われます。現在のところ、その他の地域ではこういった区別はありません。お住まいの地域の風習に応じてお求め下さい。

なお、それ以外の場合は基本的にお好みでお選び頂けますが、他のお道具と同じようにご年齢に応じて落ち着いた色や明るいお色をお選びになる傾向がございます。

安田念珠店の「灰桜房」は、ほのかにグレーがかった上品な淡いピンクで、ご年齢を問わず一生お持ちいただけるお色として一番人気です。
その他、お数珠に合わせたシックな色合いや優しい中間色を取り揃えておりますので、お好みをお選び下さい。
迷われた時はいつでもお気軽にご相談下さいませ。

水晶小糸振分白二五房共仕立

真珠小糸振分白二五房水晶仕立

水晶小糸振分白二五房共仕立

真珠小糸振分白二五房水晶仕立

ページトップ

安田念珠店

〒604-8076 京都市中京区御幸町通三条下ル海老屋町323

TEL:075-221-3735 FAX:075-221-3730

E-mail:yasuda@yasuda-nenju.com

受付時間:平日(月~金曜日)AM9:00~17:30まで